Architecture

新 築

A様邸

  • 南北に大きい間口を取り、夏季の通風と、冬季の日照を有効に取り入れることを可能にしています。
  • 外装材は、杉板を採用しました。意匠性はもとより、躯体の断熱性も考慮しています。
  • 今回の内装の主役はパインです。炉壁のレンガや、壁の漆喰に良く似合います。
  • 門壁とサインウォールに使用する石材は、外壁同様、水平ラインを意識した乱尺貼りとしました。外装の杉板に、野芝の緑とアオダモの新緑がとても良く映えます。

(古河市)