Architecture

新 築

A様邸

  • 敷地が、南面に対して間口が広い形状なので、建物もその通りの形状です。南側に大きな開口をとり、軒の出を深くして、日射の取得と遮蔽を有効にしています。
  • 外装は、アプローチ側(東側)からの奥行き感をより強調するために、一文字葺きを採用しました。全体の印象を引き締めるために、東西の屋切りと車庫部分には、道南杉を使用しています。
  • 内装は、ほぼ白色ベースの漆喰仕上げです。今回は、内装造作の主役にピーラーを使いました。オイルステインとの相性もとても良いです。
  • 車いす使用者のために、車庫と母屋との間をスロープで連系しています。歩道に面した空地は、街並み景観への配慮と、建物の印象をより際立たせるために、緑地帯としています。地域の方たちが、散歩でこの場所を通るのが楽しみになってほしい。そんな設計屋としての思いでもあります。

 (古河市)